恋愛漫画、ハーレクインコミック、ロマンスコミックのネタバレ結末・あらすじ感想・無料試し読みのご案内

愛と涙のストーリーな漫画集

美波はるこ

酒と恋には酔って然るべき ネタバレ感想 はるこ

更新日:

はるこ先生の美味しいお酒と恋の物語!

漫画「酒と恋には酔って然るべき」は、お酒が大好きなアラサーOL・松子と、クールな年下男子との「飲みから始まる恋」が描かれています。

前カレと別れてから3年、ひとり宅飲みを楽しむ松子のもとに、なぜか会社の後輩・今泉くんが遊びに来るように。

 

晩酌は、やっぱりひとりよりもふたり。でも、表情を崩さない彼は松子に会いに来ているのか、美味しいお酒が目当てなのかわからなくって・・・

こちらではあらすじと感想をご案内します。

 

☆試し読みできます♪

>>「酒と恋には酔って然るべき」試し読み

 

 

「酒と恋には酔って然るべき」のあらすじ

 

32歳のOL・藤木松子の楽しみは、自宅でのひとり晩酌。

若いころは飲み友がいたのに、今では結婚出産ラッシュのせいで誰もいない。

 

最近異動してきたばかりの会社の年下男子・今泉はクールなイケメンで「飲み会は一番下っ端だし、めんどくさい」から嫌いだという。

じゃ、サシ飲みしようよと、誘ってみると案外食いついてきた。

 

一緒に飲んでみると、意外にいい笑顔を見せる彼にギャップ萌え♪

 

話の流れから、松子の家で手作りのつまみに日本酒飲もうということになり、ワンカップでふたり晩酌。

 

「酔ってるところがかわいい」

さらっとそんなことをいう今泉にときめく松子。

 

それ以来、今泉は松子の家を訪ねてきては「ふたりサシ飲み」するようになり・・・

 

「酒と恋には酔って然るべき」の感想

 

恋になりそうでならない、「飲み友」から始まったふたりの関係。

大好きなはるこ先生の新作とあって、最高。テンションあがっちゃいますよねー!

 

女友達が適齢期につぎつぎと結婚していってしまうと、結局独身女はひとりきり。

さみしいけれども、松子はひとりでも「おいしい日本酒とツマミ」で楽しくやっていて、おいしそうで羨ましいです。

 

ひとりでも楽しいことは楽しいけれども、お酒は誰かと一緒に飲んでこそ楽しいもの。それが、ときめくイケメンと一緒なら、なおさらお酒がおいしくなります。

といっても、そんなラブラブモードにはなかなか入らないで、あくまで楽しい飲みが中心。

 

松子は「彼氏がほしい」とは思っているけれども、今泉くんは年下過ぎて?恋の相手としては眼中になかったのですが・・・素敵な異性とサシ飲みとなれば、キュンとしたりときめいちゃったりは当然。

 

絶妙の距離で飲み友になるふたりなんですけれども、それがまたいい。それに、松子のつくるおつまみがこれまたおいしそうで食べたくなっちゃいます。

実家が会津の(福島)の松子のつくる郷土料理、おいしそうで作ってみたいなーって思いました。

 

それにしても、ワンカップをレンジでチンして熱燗にするアラサー女子って、男性から見るとどうなのかな(笑)

合理的でいいと思うんですけれども、ムードがないっちゃないですよね。あ、わたしもワンカップ大好きです!

 

日本酒は最近あまり売れないらしいんですが、大好きなんで蔵元応援する意味でも積極的に飲みたいですよね〜。

 

さて。

松子のすごくいいところは、料理上手なグルメ、というだけではなく独身女に日頃からかけられるプレッシャーに対して毅然として跳ね返してしまえるところです。

親から「ひとりさみしく年越しするなんて」と言われたら「ひとりはさみしいものじゃない」とズバッと言い返していて、かっこいい。

 

ひがみとか強がり、じゃなくてナチュラルな強さを持っている女性。いいですよね〜。かわいいし。

結構いい女なのに、松子にずっと彼氏がいなかった、というのも「恋愛モード」から遠ざかっていたから?

(エア彼氏飲みごっこしていたのが原因)

 

あと、表情が薄いのでわかりにくいですが、今泉くんは松子のこと気に入ってますよね。

「かわいい彼女」というのも猫ちゃんだったりという誤解があったりで、松子からは「彼女持ちのゲス男」(彼女がいるくせに女の家に入り浸っていたから)と勘違いされたりで、ラブい雰囲気になるのは時間がかかりますが、いいカップルになりそう。

 

酒飲み女子さんなら、ハマること請け合いの作品ですよ〜!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-美波はるこ

Copyright© 愛と涙のストーリーな漫画集 , 2018 All Rights Reserved.