愛と涙の物語な漫画のネタバレ結末・あらすじ感想・無料試し読みのご案内

愛と涙のストーリーな漫画集

ストーリーな女たち 漫画ネタバレ

戦後パンパン伝~御意見無用~ネタバレ感想 北上祐帆

投稿日:

北上祐帆作 漫画「戦後パンパン伝~御意見無用~」は、昭和22年、敗戦後アメリカに占領された日本において、虐げられながらもたくましく生きる女性・麻美の一代記です。

アメリカ兵に襲われ、そのことが原因で夫に離縁された麻美は、無一文で身一つになりながらも「花電車のアザミ」としてパンパンたちを仕切る女王に成長していきます。

 

戦後パンパン伝~御意見無用~ネタバレ

アメリカ兵に襲われ夫から離縁

 

敗戦でアメリカに占領された日本は、混沌とした弱肉強食の世界になっていた。

麻美は警察官の妻だったが、つい昨日、夫から「離婚してくれ」と言われてユキを連れて家を出た。

 

一月前のこと。夫はアメリカ兵に脅されて、いたいけな少女・ユキとともに自宅へやってきた。

アメリカ兵は少女と麻美を夫や皆が見ている前で襲ったのだ。

当時は警察すら彼らがどんなむごいことをやっても手出しできない状況であった。

 

「あのふたり、アメ公にキズモノにされたってよ」

麻美やユキは被害者なのに、近所からそう蔑まれる。夫は罪悪感に耐えられないのか、金を渡して離婚してくれ、とだけいった。

 

パンパンたちを見る

 

行く宛もなくユキと街をさまよい歩いていると、派手な身なりをした女たちを見かけた。

「あれは、パンパンよ」

何も知らないユキが、キレイなドレスを着てうらやましいと言う。

ところが、持っていた全財産をひったくりにとられてしまい、ふたりはあっという間に無一文に。

途方に暮れたふたりに声をかけてくれたのは、花電車のお初という初老の女だった。

 

「花電車のアザミ」になる

 

お初はもともと遊郭で働いていた女性で、「花電車を見せて食っている」と言う。

「花電車」とは女性のシモで芸を見せる仕事。

年をとって芸をするのが苦しくなってきたため、麻美たちが面倒を見てくれるなら仕事を教えてもいいという。

 

麻美は「ユキちゃんだけは、まともな人生を歩んでほしい」と自分だけが「花電車」になると決め、翌日からお初の厳しい修行が始まる。

そして赤い服を着た「花電車のアザミ」としてデビューし、焼け跡の中でまわりと助け合いながら、アザミは必死に強く生き・・・

 

戦後パンパン伝の感想

 

貞淑な警察官の妻だった麻美は、アメリカ兵に襲われたことが原因で夫から離婚されてしまいます。さらに、まわりからもヒソヒソと悪口を言われるなんて、本当にひどいことです。

どんなどん底のひどい状況であっても、麻美は「花電車のアザミ」に生まれ変わって、強くたくましく生きられる力をもった女性です。

いたいけな少女・ユキを体を張って守り育て、人から褒められた仕事ではないものの、それを恥じることなく「御意見無用」の腕の彫り物を誇らしげに見せています。

 

「体は見せても売らない」という信条をもち、人から見下されても優しさを失わず、「パンパンたちの城を買おう」とみんなのために生きているアザミが本当に素敵でした。

なお、「戦後パンパン伝」は全2巻となっています。

>>「戦後パンパン伝」無料試し読み

バリュコマ

-ストーリーな女たち, 漫画ネタバレ

Copyright© 愛と涙のストーリーな漫画集 , 2017 All Rights Reserved.