愛と涙の物語な漫画のネタバレ結末・あらすじ感想・無料試し読みのご案内

愛と涙のストーリーな漫画集

恋愛漫画

ミッドナイトセクレタリ ネタバレ感想 大海とむ

投稿日:

大海とむ先生のヴァンパイアロマンス✕オフィスラブ漫画「ミッドナイトセクレタリ」のネタバレです。

イケメン常務・当麻杏平の秘書になった花夜が、ある夜、彼が血を吸う姿をみてしまい・・・。

スポンサーリンク

「ミッドナイトセクレタリ」のネタバレ

 

里塚花夜は、食器メーカー・トーマの優秀な秘書。ひっつめ髪にメガネと地味ながらも、常務・当麻杏平の秘書に抜擢されました。

秘書室から案内されて行くと、妙齢の女性と抱き合っている杏平の姿が・・・26歳独身で、社長の次男坊であり、仕事はできるうえにハンサムな容姿で女性関係の噂が絶えない人。

 

花夜が秘書室から送られてきたのも、彼の気難しさと深夜勤務が多い彼についていけなくなり、秘書がすぐにやめてしまうからです。

しかも杏平は、花夜に会うなり「もっと見栄えのする秘書を連れて来い」と、花夜の地味な容姿をけなします。

花夜はプロフェッショナルらしく落ち着いて切り返し、結局、大量の仕事を任されて秘書の仕事をスタートします。

 

秘書として認められる花夜

 

花夜は杏平からテストされているかのように、つぎつぎに仕事を割り振られます。

けれども父親をなくして、苦労して自分を育ててくれた母に報いるためにも、花夜は秘書として頑張らなければなりません。

そして、俺様な上司に、自分が使える部下だと示して一泡ふかせたい、という気持ちもありました。

秘書として命令されたことをつつがなくこなし、完璧に仕事をこなす花夜を見て、杏平はしぶしぶながらも花夜のことを認めて専属の秘書として置いてくれることになったのです。

 

吸血鬼だった杏平

 

女性関係の激しい杏平は、入れ代わり立ち代わり女性たちと会います。けれども、花夜はその女性たちが杏平と会ったあと、妙に顔色が悪いことに気付きました。

何か違法な薬でも使っていたら大変だ、と心配になり、深夜に常務室を漁ります。

 

すると、運悪くそこに杏平と女性が入ってきてしまいました。隠れて見ていた花夜は、そこでとんでもないものを見てしまいます。彼が女性の首から血をすする姿を・・・

杏平はすぐに花夜に気づき、自分が吸血族であることを打ち明け、そのうえで秘書として生活をフォローするようにと命じるのです。

秘密をバラさずにおとなしく言うことを聞いてくれれば、何もしないというのです。トーマで働いている母親のことを持ちだされ、花夜には選択肢がありませんでした。

それに、杏平が花夜に「あんたは優秀な秘書だ」と言ってくれたことで、ヴァンパイアの上司の秘書として精一杯仕事をしよう、と決めます。

 

「ミッドナイトセクレタリ」の感想

 

最初は仕事だけ、の間柄だった杏平と花夜ですが、秘書として誠心誠意尽くしてくれる花夜に杏平は心を開いてくれます。

そして花夜もまた、杏平に惹かれていきますが、数々の女性たちをとりこにしている彼を見て、吸血鬼としてどうしても美女の生き血が必要だからと言い聞かせても心がざわついてしまいます。

どうしてもほかの女性が間に合わないときだけ、花夜の血を吸う杏平は、次第にほかの女性の血では満足できなくなり、花夜の血だけを求めるようになっていって・・・愛しあうようになるふたりの姿にうっとりとしてしまう漫画です。

バリュコマ

-恋愛漫画

Copyright© 愛と涙のストーリーな漫画集 , 2017 All Rights Reserved.